リプロスキン リプロスキンとビーグレン比較

ニキビ後のお肌に効果的なのはどっち?リプロスキンとビーグレン比較

ビーグレン
ビーグレン:https://www.bglen.net/products/list?category_id=80

 

ニキビが出ている時はもちろんですが、ニキビ後のお肌をケアすることはとても重要です。

 

なぜなら、その時にしっかりケアをしておかないと、なかなか治らないニキビ跡やシミなどになってしまうからです。

 

リプロスキンはそんなニキビ後のお肌ケアのために開発されたスキンケア商品です。

 

そして、リプロスキンと同じように注目されているスキンケア商品があります。

 

「ビーグレン」です。

 

繰り返しニキビを引き起こさない、ニキビを未然に防ぐためのスキンケア商品としてリプロスキンと同じように注目されています。

 

ここでは、リプロスキンとビーグレンの商品を比較してみたいと思います。

 

 

リプロスキンの商品ラインナップは?

 

リプロスキンの商品ラインナップは?

 

ニキビ後のためのリプロスキンの商品は、洗顔料、化粧水、クリームとなっています。

 

ニキビ後のお肌はゴワゴワ硬くなっている状態です。

 

繰り返すニキビやその他お肌トラブルが起きやすい状態になっています。そんなお肌の柔軟性を高めることで、すこやかなお肌を導くことを目的にしています。

 

 

リプロスキンスキンケアフォーム(100g 2,673円)

 

余分な皮脂を落として、しっかり潤い成分と栄養成分を与える保湿洗顔フォームです。

 

 

リプロスキンベースローション(100g 6,048円)

 

独自の浸透技術により、お肌の奥まで有効成分を浸透させて、お肌に柔軟性を与えてニキビ後のお肌をすこやかな状態に導います。

 

 

リプロスキンジェルクリーム(50g 5,400円)

 

4種類の植物細胞エキスと高級美容成分が、お肌にたっぷりと栄養を与えます。

 

ベースローションで浸透力のアップしたお肌に有効成分がグングン入っていき潤いを閉じ込めます。

 

3アイテムの合計は14,121円となります。全て税込み価格です。

 

 

ビーグレンの商品ラインナップは?

 

ビーグレンの商品ラインナップは?

 

ニキビ後のためのビーグレンの商品は、洗顔料、化粧水、美容液、クリームとなっています。

 

ニキビの後の炎症で傷ついてしまったお肌を土台から立て直していくと同時にニキビ予防をしていくことを目的としたスキンケアシリーズです。

 

お肌の内側からハリを育てて、お肌の中にメラニンを残さないアプローチをします。

 

 

クレイウォッシュ(150g 4,212円)

 

肌に負担とかけずに、必要な皮脂を摂り過ぎないように洗い上げる洗顔料です。

 

 

QuSome化粧水(120ml 5,400円)

 

独自の浸透技術により、うるおいを角層のすみずみまで深く浸透させて、ターンオーバーを整えてニキビ跡の残りにくいお肌を導きます。

 

 

美容液(15ml 5,076円)

 

やわらかいピーリング作用で、お肌の生まれ変わりをサポートします。

 

凸凹肌、色素沈着に効果が期待できます。

 

肌本来の力を呼び覚まします。

 

 

QuSomeモイスチャーリッチクリーム(30g 7,560円)

 

内側からハリのあるなめらかな肌を導き、ニキビ跡を目立ちにくくします。

 

エイジングサインの見え始めたお肌をケアします。

 

 

4アイテムの合計は22,248円となります。全て税込み価格です。

 

 

リプロスキンとビーグレンの相違点は?

 

リプロスキンとビーグレンの相違点は?

 

リプロスキンとビーグレンの商品ラインナップを見ると、アイテム数が違うことがわかりますね。

 

リプロスキンは洗顔料、化粧水、クリームの3アイテムですが、ビーグレンは洗顔料、化粧水、美容液、クリームと4アイテムになっているので、ライン使いしようとすると、ビーグレンの方が断然高い料金になりますね。

 

料金だけを見て判断すると、リプロスキンの方が使いやすいですね。

 

また、リプロスキンとビーグレンに共通しているところは、どちらも独自の浸透技術を採用しているところです。

 

リプロスキンは「ナノBテクノロジー3.0」という技術を採用しています。

 

これは成分を10億分の1メートルまでナノサイズ化できる技術です。

 

しかも、成分によってサイズをコントロールすることができるので、早く浸透させたい成分、ゆっくり浸透させて留まらせたい成分などを調整することができます。

 

成分を必要に応じたところに送り届けることができるのです。

 

リプロスキンのベースローションにはアーチチョーク、ダイズエキス、酵母エキス、シュガースクワラン、グリシルグリシンなどの有効成分が配合されており、すこやかで美しいお肌へと導く効果が高いです。

 

一方ビーグレンは、「QuSome(キューソーム)」という独自の浸透テクノロジーを採用しています。

 

美容成分を角層の奥まで届けて、さらに肌の中に長時間留まらせることができる技術です。

 

これにより効果を持続させる効果が期待できるのです。

 

このように、どちらも有効成分をお肌にしっかり届けることで、ニキビ後のお肌をケアすることを目的としています。

 

やはり、ニキビ後のお肌には浸透力を高めることが重要ということは間違いないのですね。

 

 

より幅広いお肌悩みに効果的なのはビーグレン

 

ビーグレンのスキンケアシリーズは、ニキビケア以外にも乾燥肌、脂性肌、年齢肌など、様々なお肌の悩みに対しても効果のある内容となっています。

 

幅広いお肌悩みをケアしてくれるという点ではリプロスキンよりもビーグレンの方がおすすめだと思います。

 

 

よりニキビあとに効果的なのはリプロスキン

 

ニキビケアのための美容成分の豊富さは、ビーグレンよりもリプロスキンの方が上と言えます。

 

ニキビ後の凸凹肌に効果が期待できるビーグレンのアイテムは美容液だけですが、リプロスキンは全てのアイテムが凸凹肌にアプローチするとされています。

 

ニキビ後のお肌を何とかしたい!という方におすすめなのはリプロスキンですね。

 

 

以上、ニキビ後のお肌に効果的ということで人気の高いリプロスキンとビーグレンのスキンケア商品をご紹介してきました。

 

どちらもニキビ後のお肌に必要な浸透力に着目して、お肌本来のすこやかな状態に導くことを目的としています。

 

幅広いお肌の悩みに効果があるのがビーグレン、ニキビ後のお肌に特化しているのがリプロスキンであると言えます。

 

しかしどちらも非常に評判の良いスキンケア商品なので、ぜひご自分で試して実感力の違いを試してみてくださいね。

 


リプロスキン画像

リプロスキン(当サイト徹底解説ページ)

美容成分を贅沢に配合しており、 お肌の柔軟性を高め、浸透しやすい状態を作り、 1本でも十分ですが 別次元を味わっいたい方へ。 研究を重ねた結果、ナノBテクノロジー3.0、ナノ乳化、ブースター、技術を採用採用し6つの成分フリーと安心して使い頂けるリプロスキン。限定で60%OFFコースもあり、実力と価格メリットのあるアイテムです。