リプロスキン 赤らみへの効果について

リプロスキンはニキビ後の赤みや赤らみにも効果があるの?リプロスキンのニキビ後の効果について

リプロスキンはニキビ後の赤みや赤らみにも効果があるの?リプロスキンのニキビ後の効果について

 

ニキビはすぐに治まったのに、その後の赤みがなかなか治らないということはありませんか?

 

ファンデーションで隠していたら、さらに悪化してきたということもあると思います。

 

そのままにしていたら治らないどころかシミのようになって残ってしまう恐れもあるのです。

 

ニキビの後の赤らみはしっかりとケアする必要があるのです。

 

そしてそのために効果を発揮してくれるのがリプロスキン ベースローションなのです。

 

どのような効果があるのかご説明したいと思います。

 

 

ニキビ後の赤みはどうして起きるの?

 

ニキビ後の赤みはどうして起きるの?

 

炎症を起こしている状態の赤いニキビは痛みがあったり、膨らんでいますよね。

 

このような赤ニキビに対しては何とかしなくてはと思い、一生懸命ケアしていると思います。

 

しかしニキビ後の赤みは、そのうち消えるだろうと思って放置してしまいがちです。

 

しかしこれが大きな間違いなのです。赤みの段階であればセルフケアで改善することができますが、放っておくとなかなか消えないシミになってしまう可能性があるのです。

 

そもそも、どうしてニキビ後の赤みは起きるのでしょうか。

 

それはニキビの炎症によって、傷ついた皮膚組織を治すために、毛細血管が集中しているために血液の赤い色素が目立って見えているからです。

 

これが赤みとして残って見えているのです。

 

 

ニキビ後の赤みがなかなか治らないのはどうして?

 

ニキビ後の赤みがなかなか治らないのはどうして?

 

健康的なお肌の場合には、ニキビ後の赤みは自然に消えていきます。

 

しかし、お肌がすこやかな状態でない場合には、この赤みがなかなか治らないのです。

 

これはお肌本来の働きであるターンオーバーと関係しています。

 

古い皮膚から新しい皮膚に生まれかわる機能です。

 

正常なターンオーバーの周期は28日とされており、これがスムーズに働いていれば、赤みの肌が剥がれ落ちてくれるのですが、ターンオーバーが乱れていると、赤みがそのまま留まってしまうのです。

 

そして、さらに悪化して茶色のシミの状態になってしまうのです。

 

加齢やストレス、生活リズムの乱れなどによりターンオーバーは乱れがちになります。

 

若い頃はニキビがスッキリ治っていた方でも、だんだんニキビあとになるようになってくるのです。

 

また、ストレスや睡眠不足などで体の調子が良くない場合にも治りは遅くなります。

 

 

しっかりとニキビ後ケアをする

 

しっかりとニキビ後ケアをする

 

ニキビ後の赤みはそれほど思い症状ではありません。

 

しかしそのままいつもと変わらないスキンケアをしていると、なかなか治りにくくなり、悪化させてしまうこともあるのです。

 

赤みの段階で正しくケアすることが非常に大切なのです。

 

ニキビ後の赤みのお肌に必要なのは、ターンオーバーを乱れないようにすること、お肌を柔らかい状態にしてしっかり美容成分をお肌の中まで浸透させることです。

 

そのような効果が期待できるのが、リプロスキン ベースオイルなのです。お肌の表面だけでなく浸透力にこだわったニキビ後のケアをしてくれるのです。

 

ターンオーバーを促す効果もあるので、肌の生まれ変わりがスムーズになるのです。

 

炎症を起こしているニキビが治まった後こそ、きちんとスキンケアすることが大切なのですね。

 

ここで気を抜いてしまうと、長期的にお肌トラブルに悩むことになってしまうのです。

 

 

以上、ニキビ後の赤みのケアについてご説明してきました。

 

この赤みは、ニキビの炎症は治まったけれど、まだしっかり治っていないというサインでもあるのです。

 

そのうち治るだろうと軽視せずに、しっかりと根本ケアをしていきましょう。

 

そのサポートをしてくれるのがリプロスキン ベースローションなのですね。ニキビ後こそ、しっかりケアをして理想のお肌を手に入れましょう。

↓ニキビ知らず 60%OFFはこちら↓

リプロスキンボタン