リプロスキン シミへの効果について

ニキビあとを放置しているとシミになるの!?リプロスキンとシミの関係について

ニキビあとを放置しているとシミになるの!リプロスキンとシミの関係について

 

ニキビの炎症が治まってほっとしていたら、いつの間にかその部分がシミになっていた…という経験はありませんか?

 

ニキビがひどい時には色々なケアを頑張っていても、治まってしまうと安心して放置してしまう方は多いようです。

 

しかし、ニキビ後のお肌こそ、しっかりケアする必要があるのです。

 

そうしないと、シミのようなトラブルが起きてしまうのです。

 

ニキビ後のお肌に効果的なリプロスキン ベースローションは、シミにも効果的に働いてくれるのでしょうか。

 

ここでは、リプロスキン ベースローションとシミの関係についてご説明したいと思います。

 

 

どうしてニキビがシミに変わってしまうの?

 

どうしてニキビがシミに変わってしまうの

 

ニキビ後にシミができるのは、メラニン色素の沈着が原因です。

 

シミの原因であるメラニン色素はとても嫌われている存在ですが、実は様々な刺激からお肌を守ってくれる役割を担っているのです。

 

お肌の健康のためにはとても重要な存在なのです。

 

紫外線によってできるシミは、紫外線の刺激からお肌を守ろうとするメラニン色素が大量に発生するためにできるものです。

 

ニキビによりお肌が炎症を起こして弱った状態になると、メラニン色素がお肌を守るために増加してしまうのです。

 

そしてこの色素が沈着してしまうと、シミとなってしまうのです。

 

ニキビの後のシミは、お肌を守ろうとするメラニン色素が原因だったのですね。

 

せっかくニキビが治まってもシミができてしまうのは困りますね。

 

 

ニキビの後にシミにならないためには?

 

ニキビの後にシミにならないためには?

 

ニキビの後に必ずシミができるわけではありません。

 

すこやかなお肌の場合には、肌は生まれ変わりサイクルであるターンオーバーが正常に行えている状態です。

 

ターンオーバーが正常であれば、ニキビによりメラニン色素が大量発生しても、垢としてスムーズに排出されるのです。

 

そうすれは色素が沈着してシミになることもないのです。

 

ニキビの後にシミになりやすいという方は、ターンオーバーが乱れてしまっていることが考えられるのです。

 

 

リプロスキンはターンオーバーを乱れないようにする化粧水

 

リプロスキンはターンオーバーを乱れないようにする化粧水

 

ニキビがシミになってしまうのは、ターンオーバーが乱れていることが原因であると考えられます。

 

ターンオーバーは通常28日周期で行われているのですが、加齢、食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどが原因で、この28日周期が乱れてしまいます。

 

そうすると、なかなか新しい皮膚が作れない状況になってしまうのです。

 

リプロスキン ベースローションは、このターンオーバーの乱れないようにする効果があります。

 

ニキビ後の乾燥して硬くなったお肌を柔らかくすることにより、有効成分がしっかりお肌に浸透できる状態にします。

 

これにより、お肌の中からすこやかな状態になり、お肌本来のターンオーバーが行われ、乱れないようになるのです。

 

ターンオーバーを正常に行うことができるお肌は、ニキビやシミをはじめ、美しいお肌を維持することもできます。

 

ニキビ予防にもつながります。

 

リプロスキン ベースローションが、ニキビ後ケアやニキビ予防ケアとして支持されている理由は、このような効果なのですね。

 

 

以上、ニキビの後にできてしまうシミとリプロスキン ベースローションの関係についてご紹介してきました。

 

ニキビ後のシミの原因はメラニン色素の沈着です。

 

ニキビの後に正しいお肌ケアをしていないと、なかなか治らないシミになってしまうのです。

 

そして、それはお肌が正常にターンオーバーを行っていないからです。

 

リプロスキン ベースローションはこのターンオーバーを促す効果が期待できます。

 

肌本来の働きを引き出して美肌へ導いてくれるのが、リプロスキンなのですね。

↓ニキビ知らず 60%OFFはこちら↓

リプロスキンボタン